バドミントンの試合動画はこれをぜひオススメしたい

レビュー

こんにちは!

 

ススムです。

 

バドミントンの試合動画って

YouTubeにたくさん上がってますよね。

 

僕はよく試合動画を見るんですけど、

一つ不満な点がありました。

 

それは、ほとんどの動画が同じアングルから撮られていること。

 

例えば

MS | LEE Chong Wei (MAS) [7] vs Kento MOMOTA (JPN) | BWF 2018

これとか

 

全編【全日本総合2018】MS決勝 桃田賢斗(NTT東日本) vs 西本拳太(トナミ運輸)

これ。

 

どれも上からコート全体を写した動画なんです。

 

全体が見えるので、

こういうアングルが増えるのはそりゃそうなんですけど、、

 

別なアングルからの視点が欲しい!!

って思いました。

 

だってコートを上から全体的に写すだけでは、

どれくらいドロップがネットすれすれで入ってるのか

とか

ヘアピンがどんな軌道でネットをかすめているのか

分からなくないですか?

 

時々横からのアングルから撮られているシーンが映ったりしますが、

せいぜい1ラリーだけとかなので

「もっと写せよ!!」

と、もどかしく感じていました。

 

しかもそのラリーが3,4球で終わったりすると、

めっちゃがっかりしましたね。笑

 

こんな感じで別アングルを欲しがる変態だったので、

試合会場と同じ目線くらいの

横アングルから撮影された動画を欲してました。

 

そんなこんなでYouTubeを漁ってたわけですが、、

 

ついに見つけました。

 

横からのアングルの試合動画アカウントを!!

 

それはこのアカウント!Badminton Universe

 

Chen Long vs Tommy Sugiarto – MS Final [Denmark Open 2015]

このアカウントの動画は

こんな感じのアングルが多く、

コート上の選手と同じような高さのアングルで撮影されているので、

ネットとシャトルの高さ関係が分かりやすいです!

 

僕はこのアカウントを見つけて勝手に感動してました。笑

 

こんなアングルでいろんな試合動画が撮られているので、

非常に勉強になりますよ。

 

アカウントの回し者でも何でもないですが、

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか
レビュー
スポンサーリンク
真剣バドミントン講座

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました