バドミントン初心者がまず覚えるべきラケットの握り方3つ!

技術

こんにちは!

 

寒いだろうと長袖長ズボンを着ていったときに限って、

カンカンに晴れて暑くなるのはなぜなのでしょうか。。

ススムです。

 

今回は

初心者の方に向けたバドミントンのラケットの握り方

について書いていこうと思います。

 

自分はバドミントン始めたての頃に

とりあえず当たればいいんじゃね?笑

と自己流の当てやすいグリップで打っていました。

 

これがどう響くかというと

強く打てない

持ち替えがしづらい

となるんですね~。

 

上達も遅くなってめちゃくちゃ苦労したので、

基本を守った握り方を最初からしてればなあと思います。

スポンサーリンク

バドミントンの基本的な握り方3つ

基本的な握り方はイースタングリップウェスタングリップバックハンドグリップです。

 

それぞれ説明します。

イースタングリップ

ラケットの面を床と垂直にしたとき、

バドミントンのラケットのグリップ断面を見ると下のような8角形をしています。

このグリップを上から軽ーく抑えるように持ちます。

主にスマッシュとかのオーバーヘッドストロークの時に使います。

ウェスタングリップ

イースタングリップから、ラケットをわずかに左に倒してください。(右利きの場合)

同様に上から軽く抑えるように持ちます。

 

主にダブルスの前衛の時に使います。

ラケット面が相手を向いているので、当てることに特化しています。

バックハンドグリップ

グリップの①もしくは②に親指の腹を添わせて、

軽く抑えるように持つグリップです。

 

参考までに

左:①に沿わせた持ち方

右:②に沿わせた持ち方

ドライブだったり、バックや体周りに来た球のレシーブだったりに使います。

 

スポンサーリンク

握る強さ

握り方と同じくらい大事なのが、握る強さです。

 

握る力が強すぎると、手首がうまく使えなくなります。

力まないことがかなーり大事です。

”力む”ことがなぜ重大な問題なのか
...

 

チャンスの時とか、スマッシュ思いっきり打ってやろうと思いますよね。笑

でもそうしてぎゅっと握ると、スマッシュは浮いちゃうんです。。

でラインを割ってアウト!

これはがっかりですよね。

 

打つ瞬間に握りこむとはよく聞きますが、ラケットが飛ばないくらいに握れればいいと思います。

 

力は相手より有るはずなのに、威力のある球が打てない人はぜひ意識してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

参考)筆者の握り方

自分はニュートラルの時(相手の返球を待っているとき)は以下のように持っています。

フォアハンドとバックハンドの中間くらいのイメージです。

 

こっから相手の返球に合わせて、バックに来たら親指をずらして。

フォアに来たらちょいとグリップを回転させて。

※いずれもめっちゃ軽く持ってます。

 

上達してくると、握り替えで悩む方が多いように思います。

 

この握りだと指の操作だけで握り替えができるので、早い展開に対応できると感じています。

スポンサーリンク

最後に

最後に元オリンピック選手である井川里美選手が、

上で紹介した握り方について説明している動画を置きます。

 

この記事を読み文章でまず理解して、動画を見てさらに理解を深めてみてください!

バドミントンラケットの握り方【シドニーオリンピック日本代表 井川里美】

 

 

握りができたら次は素振りへ⇒

バドミントン初心者のための素振り講座
...

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか
技術
スポンサーリンク
真剣バドミントン講座

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました