バドミントン初心者のガットのテンションはどれくらい?

役立ち情報

こんにちは!

ススムです。

 

初心者のに多い

  • スイートスポットに当たらない
  • クリアが飛ばない
  • スマッシュが遅い

という悩みはガットのテンションによって解決できるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

初心者におすすめなテンションとは?

多くの人が初心者の基準としているのは20ポンドです。

まずこのテンションで張ってみることをお勧めします。

 

この数字から、

  • 筋力があるかどうか
  • スイートスポットに当てられるかどうか

でテンションを変えていきます。

 

具体的には、

  • クリアが飛ばない
  • スイートスポットに当たらない

などという方は、17, 18, 19にテンションを下げて張ってみる。

 

対して、

  • クリアが飛びすぎる
  • スイートスポットに当てる力がある

などという方は、21, 22, 23に上げて張ってみる。

 

という感じです。

 

スポンサーリンク

テンションを変えるとどうなるのか

~ガットのテンションが高い場合~

スイートスポット:狭くなる

飛び方:力があれば速く飛ぶ

打球感:硬く、力がないとひじに負担がかかる

耐久性:フレームの近くに当てるとすぐ切れる

 

~ガットのテンションが低い場合~

スイートスポット:広くなる

飛び方:軽く振ってもよく飛ぶ、代わりに速度は遅い

打球感:柔らかく、ひじへの負担が少ない

耐久性:長持ちする

 

上記のようにテンションが高ければ高いほど、扱うのに技術と筋力が必要になります。

 

スポンサーリンク

ガットの太さにも気を付けよう

ガットの張りの強さと同様に気を付けたいのがガットの太さです。

 

ガットの太さによって反発性能に違いが出るので、飛び方が変わってきます。

以下のようにガットの太さによってメリットデメリットがあります。

 

~ガットのゲージが細い場合(例. 0.65mm)~

  • 反発するので速く・よく飛ぶ
  • 切れやすい

 

~ガットのゲージが太い場(例. 0.70mm)~

  • 切れにくい、打ちごたえがある
  • 若干シャトルが飛びにくくなる

 

初心者におすすめなガットの太さは

細いゲージです。

 

理由としては、

  • ゲージが細い分、力がなくても軽く飛ばせる
  • 20ポンド程度であれば、細くても耐久性がある程度保たれる

からです。

 

初心者の方に多い悩みとしてクリアが飛ばないことがあると思います。

 

僕も飛ばせなくてよく怒られました。

 

ガットを変えることも解決策の1つかもしれません。

スポンサーリンク

自分にとっての最適なテンションを見つけるべし!

僕は金属音にあこがれて初心者の時に背伸びして高いテンションで張ったことがあります。

 

ワクワクしていざ打ち始めると、スイートスポットに当たらず、、

 

当たっても飛ばないので力を込めて振ってしまったり。

 

結果フレーム近くのガットに当ててしまって5分で切れたことがあります。。笑

 

ガット代と張代が一瞬でパーですからね。

高校生時のお財布には大打撃ですよ。

 

自分の実力にあったテンションの重要性が分かりました。

 

スポンサーリンク

最後に

今回は初心者におすすめなガットのテンションについてのお話でした。

 

  • 初心者の方のおすすめは20ポンド
  • そこから実力によってテンションを変えること
  • ガットは細いゲージのものがおすすめ

 

クリアが飛ばないなどの悩みを抱えている人は一度見直すと解決できるかもしれませんよ。

 

今回の記事を参考にして、あなたにとっての最高の組み合わせを探してみてください!

 

ちなみに僕のおすすめガットはゴーセンが出してるG-TONE 5です。

G-TONE5の感想!2年間使用したレビュー
...

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか
役立ち情報
スポンサーリンク
真剣バドミントン講座

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました