”バトミントン”と”バドミントン” 間違えると怒られがちな件

未分類

こんにちは!

 

ススムです。

 

今回は正しい呼び名の普及記事みたいな感じで、長短文です。

 

初心者の方が良くする勘違い、

「バミントン」

なのか

「バミントン」

なのか。

 

経験者の前で間違っちゃうと怒られがちなのが、バドミントン界隈ではあるあるな気がします。笑

 

かくいう自分も初めは区別がつかなかったくらいなんですが、

正しい呼称が分かると、間違っているのが気持ち悪く感じるようになりました。笑

 

この記事で正しい呼称が広まればいいなって思います。

スポンサーリンク

正しくは「バドミントン」

英語の表記は「BADMINTON」

 

なので「バミントン」が正しい呼び方です。

 

正直どっちでもよくね!!

 

って思われるかもしれないんですけど、バドミントンを本格的にやってる人にとっては気になっちゃう問題だと思います。

 

ミントンってなんとなく公園とかでワイワイやるような、あれのイメージが強いんですよね。

 

競技としてのバドミントンは、締め切ったムシムシ体育館の中で、ヒイヒイ言いながら必死にシャトルを追うような過酷競技です。

 

キャッキャ、ウフフのお遊びとは違うんだぞ!!

 

っていうのが引っかかるところなんだろうと思います。

 

たかが濁点、されど濁点。

スポンサーリンク

最後に

初心者の方は特に間違えちゃうと思うんですけど、この呼び名の間違いに敏感な人が多いです。笑

 

近年バドミントンの知名度が向上していることもあって、正式名称は知っていてほしいなというのが僕の感想です。

 

間違っちゃうと恥ずかしいですもんね。

 

最後にもう一回。

×バミントン

〇バミントン!

 

今回は正しい呼び名の普及記事でした!

 

 

 

⇒あなたは大丈夫?フットワークの勘違い

バドミントン初心者が陥りやすい、フットワークの勘違い!
...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか
未分類
スポンサーリンク
真剣バドミントン講座

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました