”プレーが素直”って言われたときの修正方法を考える

強くなるための持論

タイトルそのままに、僕はよく「プレーが素直」と言われていた。

性格が素直なのでプレーにも出てしまうのだ。

 

しかしプレーが素直ってどういうことだろうか。

 

僕と同じようにプレーが素直と言われ、何を直せばいいのだと読者の皆さんも悩んだ経験は無いだろうか。

 

最近ふと、こういうことだったんじゃないかと思いつくことがあり、ここで自分の考えをシェアしようと思う。

 

初めに提示しておくと、僕が考える素直なプレーは以下の2つだ。

  1. ラケット面で打球の方向が分かる
  2. ラリーがパターン化している
スポンサーリンク

ラケット面で球筋がばれる

一つ目の原因はラケット面で球筋がばれてしまうことだ。

どこに来るか分かってしまう=素直

と表現しているのだと考える。

 

例えば以下の状況。

ネット前で写真のようにラケットを出している。

 

ここでプレーが素直といわれる人は、一度向けたラケット面の方向にしかシャトルを打たない。(この状況ならストレートロブとか)

逆に素直じゃない(悪口じゃないよ)人は、ここからラケット面と違う方向にもシャトルを飛ばすことが可能だ。

 

では単に逆方向に飛ばせばいいじゃんとなるが、そう簡単なもんでもない。

色んな方向に打つためには余裕が必要だ。

その余裕は精神的、時間的、肉体的などが関わっている。

 

頭いっぱいいっぱいの状況では「逆に打ってみっか」ともならないし、

シャトルに追いつく時間が短かければ足が入らず、体の構造的に決まった方向に飛びやすくなってしまうということもある。

(例えば足が入ってない状態でのバック前はストレートに打ちにくい、と舛田コーチがどこかの解説で言っていた)

また疲労困憊の状況では上記の二つの余裕を持つのが難しくなる。

 

こういったことから、普段の練習で自分を追い込んだ状態でも様々なショットを打つ意識が必要だと思った。

 

スポンサーリンク

ラリーがパターン化してる

ロブを上げさせた、よしスマッシュ!

と張り切って打ったショットがいとも簡単に取られてしまう。

 

ネット前に落とされた!ロブでかわそう

だが上げたロブの落下地点に相手がもういる!?

崩されてラリーに負ける。

 

僕はこんな現象が頻発した。

 

まあ考えてみると

上げさせたらとりあえずスマッシュ

厳しく落とされたらとりあえずロブ

というパターン練習をゲーム練習でやっていたのだ。

 

相手からしてみたら、「こう打ったらスマッシュくるから低く構えときゃいいや」ぐらいのノリで取れてしまう。

 

球種が絞れればポジション決めも簡単だ。

クリアが来るとわかっていれば後ろに構えるし、スマッシュが来るなら低く構えればいい。

相手にとってこんな楽なラリーはない。笑

 

じゃあどう解決するかということだけど、

スマッシュがばれるなら、ジャンプしてクリアを混ぜてみる

ロブを打つのがばれるなら、厳しくてもヘアピンを一球混ぜてみる

といったことで、相手の頭の中に選択肢を増やさせることが効く。

 

たった一球だけで相手の出だしが少し遅れるなら儲けもんである。

ぜひ試してみてほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました