何も上手くいかないなら筋トレをしよう

強くなるための持論

何をやっても上手くいかない。

期末テストは散々な結果に終わり、

アルバイトではミスをし、

部活はミスをしまくる。

 

まじ萎えるわ~って口では明るく振舞いながらも、心はどん底。

 

こんな思い出が皆さんにもあるのではないだろうか。

 

もちろん僕にもあったし、これから先も度々陥るんだろうなと思っている。

 

さてこんな時皆さんはどんな行動をするだろうか。

 

ひたすらふてくされて時間がたつのをまったり、

我慢に我慢を重ねて物事に取り組んだりと様々だろう。

 

僕はそんな時に筋トレを激推ししたい。

 

なぜ筋トレか、それには2つ理由がある。

スポンサーリンク

その①誰でも効果が出る

筋トレを正しいやり方で継続すれば、だれの体にも筋肉を宿すことができる。

 

どんなに上手くいかなくて凹んでいようが関係ない。

 

ああうまくいかなかったなと思ったら、腹筋でもすればいい。

 

上手くいかないことは多々あるが、そんなことは傍目に筋肉だけはついてくれるのだ。

 

そう、他に上手くいかなくても筋トレだけはうまくいかせることができる。

 

だってやればいいんだもん。

 

・全部上手くいかない

・筋トレだけは上手くいってる

状態なら、後者の方がメンタル的にも良い状態なのは明らかだ。

スポンサーリンク

その②自信がつく

筋トレする

⇒筋肉つく

成功体験になる&自分はできると自信がつく

 

そう、筋肉をつけることは成功体験なのだ。

 

僕は成功体験が積み重なった先に自信があると思っている。

 

積みかさねる成功体験はどんなに小さくてもいい。

・前より腹筋がついてきた

とか

・え!筋肉スゴと褒められた

こんなことでもいいのだ。

 

しかも筋トレは成功体験までの時間がそれほど長くないことに加え、

やれば筋肉がつくという「成功体験の保証付き」なのだ!

 

自信がつく⇒メンタルが強くなる

これも筋トレの嬉しい副産物だ。

さあ筋トレをしよう。

スポンサーリンク

オススメ筋トレ

さてここまで筋トレを激推ししてきたが、僕のおすすめは腹筋である。

 

腕の筋肉や胸筋などのむやみな筋肥大はフォームを変化させてしまうことがある。

しかし腹筋であれば、その恐れがない。

がっちりした腹筋は、バドミントンのハードな動きを支えてくれる。

更に見栄えがいい。

腹筋でドヤれる。

 

だが、正しい方法でやらないと効果は望めない。

それもできるなら手短にしたいという欲もあるだろう。

 

そんなあなたにお勧めしたい腹筋メニューがある。

それがメトロンブログの腹筋!

簡単にお腹を割る2分の腹筋!【バカに出来ない割れて行くお腹】

しかも2分間でいいっていう、手短にしたいという人間の欲望にもこたえてくれる。

 

この世に2分も時間がないという人はいません。

 

これはやらない手はない。

 

ぜひ筋トレを始めて健康なメンタルと身体を手に入れてください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バドミントンが思うようにできない今

それでもバドミントンについて調べてしまう。

このサイトに来てくださったのは

それほどバド好きな方なのだと思います。

そんな方にお勧めな自粛期間でのトレーニングは

縄跳びです!

お手軽なのにとても効く縄跳び

この機会をポジティブに捉えて、

取り組んでみませんか?

⇒縄跳びの話

僕がこのようにわざわざ時間を割いて情報発信をする理由も、

ぜひのぞいてみてください。

⇒僕はなぜ情報発信をするのか

コメント

error:
タイトルとURLをコピーしました